特定調停のメリットとデメリットの紹介します。あなたの債務整理はこれでお考えですか?
過払い請求

特定調停のメリットとデメリット



借金問題!督促が止む
↓誰にも内緒でOK↓

↑過払い請求デキル?↑
まずは聞いてみよう



特定調停は、簡易裁判所が債務者(借金をした人)と債権者(消費者金融等との間に入り、利息制限法に基づき借金を減額。3年をめどに分割返済の話し合いをしていく手続です。

特定調停のメリット・効果は?

・比較的簡単な手続で、借金相談ができ債務整理相談する人本人で特定調停手続をするのが可能なので司法書士や法律の専門家に依頼しなくてもできます。
ただし、本人が裁判所に行く必要あるため時間のロスはかかります。もちろん法律の専門家に依頼するのも可能。

特定調停のおすすめポイントは?

・調停委員の判断で、3年間をめどに「無理のない」返済額で分割返済をすることになるため、毎月の返済額は普通減るが借金の総額が多い場合は厳しい。特定調停を行う債務を選択することも可能なので、借金額が多いのはそのままの状態で払い続けることになってしまう。

特定調停のデメリットは?

・特定調停では、利息制限法に基づいて払い過ぎた利息を元本返済に充てたことにし、借金の総額を減らします。 さらに将来利息をカットし、将来的な負担も減らすことができるが3年間をめどに分割返済をすることになるため、高額な借金に対しては月々の負担が減らない可能性があります。


任意整理・過払い請求
↓はココオススメ↓

↑ ↑ ↑ ↑
明日からあなたは
返済を忘れられる



借金相談と過払い請求で88%成功する方法

(C)特定調停のメリットとデメリット